サービス案内
SERVICE

施工にかける思い

受け継がれてきた技術と心。 営業部門長 板谷 充浩

最近では住宅事情も大きく様変わりし、以前は都市部にしか見られなかった高層マンションですが、ここ10年余り前からは都心を少し離れたエリアの主要駅前にもタワーマンションが次々と建設されています。それらのタワーマンションもついに大規模修繕工事を迎える時期となってきています。マンションの修繕工事部門をいち早く設立し、専門分野の技術とノウハウを習得してきました当社ですから、タワーマンションの修繕工事のご依頼をいただく機会も多くなりました。高層のタワーマンションの修繕工事は安全面の問題から足場を使った修繕工事が難しく、ゴンドラ作業が中心となります。しかし、高層階部では風速も強く、ゴンドラを動かせないこともしばしば。そうなると工事の進行にも影響をあたえるため、風 や作業状況を予測し、ゴンドラの移設作業をいかに効率よくおこなうことがポイントになります。ゴンドラを使った施工の工程管理には、やはり経験がものをいいます。その点、当社には、長年の間に試行錯誤を繰り返しながら身につけた技能があります。 どんなときも工期や予算の無駄のない効率的な修繕工事を実現しています。

これまでにはタワーマンションに限らず、特殊 なデザインや構造のマンションも多く手がけてきましたが、その過程は苦労の連続です。
引き渡しの時期を迎え、お客様より「旭技建さんにお願いして、よかった〜。」と喜びの声を聞かせていただくとき、努力が報われた瞬間でもあり、思わず目頭が熱くなります。

この感動が、 わたしたちの活力となり、さらなる改良・開発 を加え、常に最高レベルの施工を実現していきます。

施工事例のご紹介

東灘サンハイツ大規模修繕工事

工事のポイント

安全性・快適性の確保を目的とした設計を取り入れ、滑りやすいエントランス床には転倒防滑性能の高いタイルを採用。またベビーカーや車いすなどの通行を妨げないよう、エレベーターホールの扉を自動ドアへリニューアル。使い勝手のよい現代感覚に満ち溢れた空間へと変貌を遂げました。

施工前・施工後イメージ

担当者コメント

32年ぶりの大規模修繕工事となり、住居様へ生活で不便を感じていることや新しく必要な設備や機能についての意見を収集し、「快適さ」や「心地よさ」を追求する修繕プランをご提案いたしました。 マンションの象徴でもあるエントランスホールが一新され、住民さまより喜びの声をいただけたことが一番嬉しかったです。入居者の皆さま、ご協力ありがとうございました!

建物名称 東灘サンハイツ
工期 2016年9月1日~2016年12月28日
規模 鉄筋コンクリート造 地上7階建・1棟・39戸
所在地 兵庫県神戸市東灘区
工事内容 シーリング工事・下地補修工事・外壁塗装工事・鉄部塗装工事・防水工事・廊下手摺取替工事・エントランス改修工事・ 照明器具取替工事など

旭技建のマンション
大規模修繕工事ガイド

このページの先頭へ